【ジャガー・ランドローバー浦和  スタッフブログ】

【ファーストオート株式会社/FIRST AUTO CO.,LTD.】
埼玉県JAGUAR・LANDROVER・VOLVO・Alfa-Romeo・FIAT・ABARTH 正規ディーラー
〜STAFF BLOG〜   ホームページ: http://www.fuji-jpn.com/firstauto/
メールでのお問い合わせは・・・
E-mail:(JAGUAR/LANDROVER) j-urawa@fuji-jpn.com    
STAFF BLOG内 のお問い合わせメールは・・・
E-mail:【Service】 jur-service@fuji-jpn.com(浦和)/jka-service@fuji-jpn.com (川越)

≪お知らせ≫
いつも当BLOGをご閲覧いただき誠にありがとうございます。

1月の定休日は
1日〜4日・7日・15日・21日・28日となります。

2月の定休日は
4日・12日・18日・25日となります。
何卒ご了承ください。

≪月曜祭日に係る定休日変更のお知らせ≫
平成29年1月より定休日を下記の通り変更することとなりました。
定休日 月曜日(月曜祭日の場合はオープンし、翌日の火曜日を振替え休日といたします。)
※これまでとは、月曜祭日の翌火曜日が全休日となりますことが変更となります。
お客様にはご不便をお掛け致しますが、何卒ご理解賜ります様、お願い申し上げます。


≪キャンペーン≫
JAGUAR/LANDROVER APPROVED認定中古車
1.9% SPECIAL LOAN 実施中

≪最新ニュース≫
言葉にならない、造形美
『NEW RANGE ROVER VELAR』
3.0Lガソリン&2.0Lディーゼルの両エンジンのご試乗車をご用意しております。 

≪F-PACEご試乗承り中≫
F-PACE3.0Lガソリン・2.0Lディーゼルのご試乗車をご用意しております。
新型インフォテイメントプラットフォームである「InControl Touch Pro」搭載

《試乗車情報》
【JAGUAR】
XE 2.0(ガソリン&ディーゼル)
XF 2.0(ガソリン&ディーゼル)
XF SPORTBRAKE 2.0(ガソリン)
XJ 3.0 PORTFOLIO
E-PACE 2.0(ガソリン&ディーゼル)
F-PACE 20d PRESTIGE/F-PACE 35t R-SPORT
F-TYPE 2.0 Coupe R-DYNAMIC
【LandRover】
DISCOVERY SPORT HSE2.0(ガソリン&ディーゼル)
DISCOVERY 3.0V6(ガソリン&ディーゼル)
【RangeRover】
RANGE ROVER EVOQUE 2.0(ガソリン&ディーゼル)
RANGE ROVER VELAR 3.0V6 R-DYNAMIC S
RANGE ROVER VELAR 2.0DIESEL R-DYNAMIC S
RANGE ROVER SPORT 3.0V6Diesel SE
RANGE ROVER 3.0V6Diesel VOGUE
RANGE ROVER 5.0V8 VOGUE
※試乗車は拠点間の移動等がございますので詳しくはスタッフまでお問合せください。

≪NEWS≫
JAGUAR・LANDROVER浦和店にてタイヤ・ホイールストックサービス予約受付中!!
各シーズンに使わないタイヤ・ホイールを保管させていただきます。詳しくはサービスフロントまで・・・。
ご検討中のお客様ご連絡お待ちしております。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    アメリカズカップ・ワールドシリーズ第9戦 福岡大会
    0

       アメリカズカップ・ワールドシリーズ第9 福岡大会

       

      最終戦を勝利で飾りワールドシリーズ総合優勝

      2017年にバミューダ諸島で開催される本戦に向け躍進

       

      l ベン・エインズリー卿率いるランドローバーBARはルイヴィトン・アメリカズカップ・ワールドシリーズ最終戦となった

      福岡大会で見事勝利し、総合優勝の座を獲得

      l チームは2ポイントの差をつけ、2017年にバミューダ諸島で開催される本戦に参戦

      l ランドローバーBARは、アメリカズカップが開催されてから165年(2016年時点)もの歴史において初となる、

      世界最古のスポーツ・トロフィーを獲得し、自国に持ち帰ることを目指している

      l 福岡大会開幕前の1117日(木)、ランドローバーBARのチームメンバーは、

      大相撲十一月場所(福岡場所)のために福岡に滞在している九重部屋を表敬訪問。

      日本の伝統的なスポーツである相撲の朝稽古を見学し、しこ踏みやぶつかり稽古を体験

       

      BAR1.jpg

       

      20161120日、日本福岡発

       

       

      ランドローバーBARは、ルイヴィトン・アメリカズカップ・ワールドシリーズ最終戦の福岡大会で1位となり、

      総合優勝を果たしました。

      その結果、2017年に開催される次なる戦い、ルイヴィトン・アメリカズカップ・クオリファイヤーズで、

      コマンディング・ポジションからスタートを切ることになります。

      ランドローバーBARは、今大会のディフェンダーであり、

      一番のライバルであるオラクルチームUSAとのポイント数を僅差で上回った状態で、福岡大会に挑みました。

       

      1119日(土)で力強いレース運びをみせたランドローバーBARは、

      ポイントが2倍となることから「スーパーサンデー」と呼ばれている大会最終日の1120日(日)を、

      コマンディング・ポジションでスタートしました。

      長く激しい戦いとなった第1レースの後、続く第2レースでは、

      2区間目で風を味方につけたランドローバーBARが他チームを出し抜いて大胆なレース展開を繰り広げ、

      差をつけられていたオラクルチームUSAを追い上げます。

      アルテミス・レーシング、エミレーツ・チーム・ニュージーランド、

      オラクルチームUSAがリードするなか、ランドローバーBAR1区間目の遅れを取り返していき、

      応援席のサポーターが息をのむ展開をみせます。

      そして最終区間で目覚しい速さでオラクルチームUSAを追い越し、

      この時点でルイヴィトン・アメリカズカップ・ワールドシリーズの総合優勝が決定的なものになりました。

      3レースも無事完走し、ベン・エインズリー卿とランドローバーBARのチームメンバーは、

      福岡大会で1位となって総合優勝を獲得しました。

       

      ランドローバーBARは、2017526日から開催される、

      総当たり方式のルイヴィトン・アメリカズカップ・クオリファイヤーズにおいて、

      2ポイントの差をつけてスタートすることになります。

      ランドローバーBARのプリンシパル兼スキッパーのベン・エインズリー卿は、次のように述べています。

      「今大会における私たちの目標は総合優勝でしたので、とても素晴らしい日となりました。

      アメリカズカップ・ワールドシリーズ全9戦中4勝を挙げて総合優勝を獲得できたことは、

      わずか18か月前に設立された新しいチームにとって大きな成果です。

       

      2年半前、私たちはチームを設立し、設備を整え、ゼロから活動をスタートしました。

      アメリカズカップ・ワールドシリーズを総合優勝という形で終えることができたことは、

      私たちチーム全員が誇れる結果です。

      同時に、これは序章に過ぎません。

      私たちの福岡大会で掲げた目標は2点のボーナス・ポイントを獲得することであり、その目標を見事達成しました。

      次なる目標は、本戦に向けたレーシング・ボートを完成させることであり、バミューダで結果を残すことです。

       

      これまでの展開は大変喜ばしいものですが、これにとどまらず、

      チーム全員の最終目標はアメリカズカップ本戦で成果を出すことにあります。

      福岡大会が終了した今、バミューダでの戦いにベストコンディションで挑み、

      その長い歴史の中で初めて優勝トロフィーを母国に持ち帰るため、私たちはすぐに現地でトレーニングを開始します。」

       

      ランドローバーのエクスペリエンシャル・マーケティング・ディレクター、マーク・キャメロンは次のように述べています。

      「今大会はチームにとって最高の結果となりました。このアメリカズカップ・ワールドシリーズで勝利することができ、

      これまでともに戦ってきた彼らを大変誇りに思います。

      デザイン・チームとランドローバーのエンジニアたちが開発を進めている、

      コードネーム『R1』と名付けられたレーシング・ボートの完成は来年早々を予定しており、

      次のステップも目前に迫ってきました。

      このプロジェクトはとてもエキサイティングで緊張感があります。

      バミューダでの勝利に向け、すでにカウントダウンは始まっています。」

       

      35回アメリカズカップは、2017526日(金)からルイ・ヴィトン・アメリカズカップ・クオリファイヤーズが開幕し、

      617日(土)の本戦まで続きます。

       

      アメリカズカップ・ワールドシリーズ第9戦福岡大会に関する動画

       

       

       

      ルイヴィトン・アメリカズカップ・ワールドシリーズ第9戦目結果:

       

      1位ランドローバーBAR75

      2位アルテミス・レーシング:75

      3位オラクルチームUSA70

      4位エミレーツ・チーム・ニュージーランド:65

      5位ソフトバンク・チーム・ジャパン:61

      6位グルーパーマ・チーム・フランス:59

      ルイヴィトン・アメリカズカップ・ワールドシリーズ総合結果:

      1位ランドローバーBAR512

      2位オラクルチームUSA493

      3位エミレーツ・チーム・ニュージーランド:485

      4位アルテミス・レーシング:466

      5位ソフトバンク・チーム・ジャパン:460

      6位グルーパーマ・チーム・フランス:419

      以上

       

       

      九重部屋の表敬訪問について

       

      福岡大会開幕前の1117日(木)、ランドローバーBARのチームメンバーは、

      大相撲十一月場所(福岡場所)のために福岡に滞在している九重部屋を表敬訪問しました。

      チームメンバーは日本の伝統的なスポーツである相撲の朝稽古を見学した後、

      メンバー自身も稽古に参加して、しこ踏みやぶつかり稽古を体験しました。

       

      チームのストラテジストであるジャイルズ・スコットは、次のように述べています。

      「九州場所が行われている福岡の地で相撲部屋を訪問し、力士の皆さんとお会いできたのはとても光栄でした。

      力士とのぶつかり稽古は、まるでれんがの壁に頭からぶつかるような感覚で、

      彼らの強さを初めて体感することができました。

      相撲と我々のスポーツは全く異なるものですが、精神面での鍛錬と集中力には共通点があります。

      九重部屋を訪問して彼らの精神に触れたことは、大変貴重で忘れられない経験となりました。」

      朝稽古の後、ランドローバーBARチームは日本の伝統と習わしに従い、

      福岡大会のレースにおける好天と勝利を祈願して、鳥飼八幡宮で参拝しました。

       

       

      ジャガー・ランドローバーについて

       

       

      ジャガー・ランドローバーは英国最大の自動車メーカーで、ジャガーとランドローバーという、

      2つのアイコニックなブランドを展開しています。

      ジャガーは世界有数のラグジュアリー・スポーツ・サルーンおよびスポーツ・カーを製造するブランドのひとつで、

      ランドローバーは、プレミアムな全輪駆動モデルの製造において世界をリードしています。

       

      ジャガー・ランドローバーは全世界で38,000人を雇用しており、

      さらに販売ディーラーやサプライヤー、ローカル・ビジネスに従事する約275,000人が

      ジャガー・ランドローバーを支えています。

       

      製造拠点は英国を主軸とし、他に中国、ブラジル、インドに製造工場を有しています。

      ジャガー・ランドローバーには、クラスをリードするモデルを開発、製造し、

      お客様のエクスペリエンスを素晴らしいものにする、という信念があります。

      英国製造業のなかでも、最大規模の投資を研究開発に投じています。

      過去5年にわたり、新製品開発と設備投資に120億ポンド(約16,440億円)を投入し、

      2016/17年度における製品や施設への投資額は、30億ポンド(約4,110億円)以上を予定しています。

      80%以上の利益は海外への輸出で得ており、昨年ジャガー・ランドローバーは、

      世界160か国において487,065台を販売しました。

       

      ランドローバーはベン・エインズリー・レーシング(BAR)のタイトル・パートナーであり、

      エグゼクティブ・イノベーション・パートナーです。

      ランドローバーが誇る先進のエンジニアリング、最先端のデザイン、

      革新的な技術的ソリューションに関する専門知識やノウハウを生かして、

      アメリカズカップでの優勝を目指すランドローバーBARに協力しています。

       

       

      ランドローバーBARについて

       

       

      ベン・エインズリー・レーシング(BAR)は、ケンブリッジ公爵妃殿下列席のもと、2014610日に結成されました。

      このチームは、オリンピックで4個の金メダルを獲得し、第34回アメリカズカップで優勝した、

      ベン・エインズリー卿により発足されました。

      ベン・エインズリー卿は1851年に英国で始まったアメリカズカップの優勝トロフィーを奪還し英国に持ち帰るべく、

      結成した英国チームを率いています。

      これはいまだどのチームもなしえていないことです。

       

      ランドローバーBARは民営のスポーツ・チームで、企業パートナーとともに多くの個人投資家の支援を受けており、

      英国内外の最高レベルのセーラー、デザイナー、職人、サポーターで構成されるチームです。

       

      スポーツ・チームは社会における重要な模範となり、名誉ある立場です。

      これはランドローバーBARにおいても同様で、当チームが及ぼす影響力は、

      レースの垣根を超えて広く波及していくことを前提に、

      2014年に「Exclusive Sustainability Partner 11th Hour Racing」とともにチームを立ち上げて以来、

      運営におけるサステイナビリティ(持続可能性)を重視しています。

       

      英国ポーツマス中心部に74,000平方フィートもの本部拠点を新設し、

      ランドローバーBARのさまざまな活動を担っています。

      1851 Trust」によるビジター・センターも公開予定です。

      1851 Trust」は、ケンブリッジ公爵妃殿下がロイヤル・パトロンを務めるランドローバーBAR公式の慈善事業です。

       

      1ポンド=137円にて換算(20161122日現在)

       

       

       

      | ジャガー・ランドローバー浦和 | NEWS(J・LR) | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      アメリカズカップ優勝を目指すランドローバーBAR
      0

        アメリカズカップ優勝を目指すランドローバーBAR

         

        アメリカズカップ本戦を戦うレーシング・ボートに関する最新情報を発表
        ランドローバーの車両開発の経験をいかし、新たな空力ソリューションを開発

         

        ランドローバーのエンジニアたちは、新しい空力ソリューションを開発し、

        アメリカズカップ最速のカタマランを目指す

         

        優れたパフォーマンスと操縦性を実現する画期的なソフトウエアを開発し、チームの勝利に貢献

         

        カーボンファイバーのウイングセールと気流の高度なコンピュータ解析により、

        新たな手法でパフォーマンスを向上させることが可能に

         

        ランドローバーBARは、その165年の歴史のなかで初めて、世界最古のスポーツであるセーリングのトロフィーを獲得し、

        英国に持ち帰ることを目指している

         

        BAR.jpg

         

        2016 年 11 月 7日、 イギリス イギリス イギリス ホイットリー発

         

        ベン・エイズリー卿が率いる ランドローバーBARは、英国チーム がアメリカズップ 本戦 で使用する最新のレーシング ・ボートの

        開発および 準備を進めており、その進捗状況を発表しました。

        このボートの開発過程では、ランドローバのエジニアによる業界初空力テストが行われ 、

        水中でも水上でもボードがスピードを発揮できることを目的に、パフォーマンスの新たな領域を研究しています。

         

        ランドローバのエジニア たちは、新型 「DISCOVERY」などの車両開発で得たエアロダイナミクスの

        知識とコンピュータ技術をいかして、高さ77 フィートという巨大な ウイングセールの開発に取り組んでいます 。

         

        チームは高機能のソフトウエアをつくり、1回のテストごとに8,000 万もの計算セルを解析し、

        ウイングセールの動的性能を詳しく調査することで、

        確実にパフォーマンス向上させることを目指しています。

         

         

        ジャガー・ランドローバーのリサーチ部門を統括するトニー・ハーパーは次のように述べています。

         

        「このエンジニアリング・プロセスは、ジャガー・ランドローバーで高速走行時に車両がどのように反応するかを

        評価する際の過程と似ています。

        私たちの目的は、車両の部品を変形させる空力の影響を最小限に抑え、燃費を向上させることにあります。

         

        私たちは、ポーツマスにある拠点でデザイン・チームと密に連携し、

        アメリカズカップのレーシング・ボートの開発に取り組んでいます。

        このボートは『R1』と呼ばれ、来年初めに発表する予定です。

        エンジニアたちは自らの懸命な働きが、報われているのを実感しています。

        優勝を左右するのはおそらく、重要な局面でのわずか数秒間です。

        大幅にパフォーマンスを向上させることこそが、

        最終的にバミューダで行われる本戦での勝利に貢献できると期待しています。」

        ランドローバーのエンジニアたちは、ボートのさらなる高速化を目指し、

        カーボンファイバーのウイングを解析する高機能ソフトウエアを開発しました。

        これは、F1世界選手権でレーシングカーのタイムをわずかに縮めることと同じくらい重要な意味を持ちます。

        FSIFluid Structure Interaction、流体構造連成)と呼ばれるこのソフトウエアは、

        ボートのウイング(カタマランの主な動力源)のパフォーマンスを向上させるための空力テスト・アプローチと、

        その変形に関する構造解析を組み合わせています。

         

        このソフトウエアが開発された理由は、

        カーボンファイバーのウイングには強風への耐性と最軽量構造が必要となりますが、

        同様に変形させることで、抵抗ではなく加速とスピードをもたらすことが求められるためです。

        このFSIシステムは、ウイングの構造とその周囲のエアフローを解析する、

        個別のソフトウエアからのデータを処理します。

        この情報を組み合わせることがカギとなります。

         

        例えば、ウイングを覆う「Clysar」というフィルムは自然の力によって曲がり、

        ボートの速度に影響します。こうしたプロセスを組み合わせることで、

        チームはウイングのエアロダイナミクスと構造的な動体力学の相互作用をより深く理解し、

        新しいエアフローやウイング形状の変更を評価できるようになるのです。

         

        ランドローバーBARのエンジニアリング・マネージャーであるリチャード・ホプカークは、次のように語っています。

        「これは、ウイングのパフォーマンスを左右する非常に複雑な作業であり、

        ランドローバーの協力なしでは成し遂げられなかったと思います。

        私たちがこの問題に取り組む上で、ランドローバーが有する高度なコンピュータ知識とリソースが大きく貢献してくれています。

         

        来年夏に行われるレースで水上でのパフォーマンスが向上すると期待しています。

        アメリカズカップに関しては、私たちは世界最高のセーラーを擁していますが、

        優位に立つためにはボートの設計も同じくらい重要なのです。」

         

        ランドローバーBARは、111820日に行われるアメリカズカップワールドシリーズ最終戦のため、

        日本の福岡に来日しています。

        現在、ランドローバーBARは総合ランキングで首位をキープしており、

        この福岡大会は、アメリカズカップ本戦への出場を確定させるために、極めて重要な戦いとなります。

        現在「R1」というコードネームで呼ばれているアメリカズカップ用レーシング・ボートは、

        201756月に第35回アメリカズカップの開催地である英国領バミューダで、2017年始めに発表される予定です。

         

        ルイヴィトン・アメリカズカップ・ワールドシリーズ総合結果(第8戦終了時):

         

        1位ランドローバーBAR437

        2位オラクルチームUSA423

        3位エミレーツ・チーム・ニュージーランド:420

        4位ソフトバンク・チーム・ジャパン:399

        5位アルテミス・レーシング:391

        6位グルーパーマ・チーム・フランス:360

         

        以上

         

         

        ジャガー・ランドローバーについて

         

        ジャガー・ランドローバーは英国最大の自動車メーカーで、

        ジャガーとランドローバーという、2つのアイコニックなブランドを展開しています。

        ジャガーは世界有数のラグジュアリー・スポーツ・サルーンおよびスポーツ・カーを製造するブランドのひとつで、

        ランドローバーは、プレミアムな全輪駆動モデルの製造において世界をリードしています。

        ジャガー・ランドローバーは全世界で38,000人を雇用しており、

        さらに販売ディーラーやサプライヤー、ローカル・ビジネスに従事する約275,000人がジャガー・ランドローバーを支えています。

        製造拠点は英国を主軸とし、他に中国、ブラジル、インドに製造工場を有しています。

         

        ジャガー・ランドローバーには、クラスをリードするモデルを開発、製造し、

        お客様のエクスペリエンスを素晴らしいものにする、という信念があります。

        英国製造業のなかでも、最大規模の投資を研究開発に投じています。

        過去5年にわたり、新製品開発と設備投資に120億ポンド(約16,320億円)を投入し、

        2016/17年度における製品や施設への投資額は、30億ポンド(約4,080億円)以上を予定しています。

        80%以上の利益は海外への輸出で得ており、昨年ジャガー・ランドローバーは、世界160か国において487,065台を販売しました。

        ランドローバーはベン・エインズリー・レーシング(BAR)のタイトル・パートナーであり、

        エグゼクティブ・イノベーション・パートナーです。

        ランドローバーが誇る先進のエンジニアリング、最先端のデザイン、

        新的な技術的ソリューションに関する専門知識やノウハウを生かして、

        アメリカズカップでの優勝を目指すランドローバーBARに協力しています。

         

         

        ランドローバーBARについて

         

         

        ベン・エインズリー・レーシング(BAR)は、ケンブリッジ公爵妃殿下列席のもと、2014610日に結成されました。

        このチームは、オリンピックで4個の金メダルを獲得し、第34回アメリカズカップで優勝した、

        ベン・エインズリー卿により発足されました。

        ベン・エインズリー卿は1851年に英国で始まったアメリカズカップの優勝トロフィーを奪還し英国に持ち帰るべく、

        結成した英国チームを率います。

        これはいまだどのチームもなしえていないことです。

        ランドローバーBARは民営のスポーツ・チームで、企業パートナーとともに多くの個人投資家の支援を受けており、

        英国内外の最高レベルのセーラー、デザイナー、職人、サポーターで構成されるチームです。

        スポーツ・チームは社会における重要な模範となり、名誉ある立場です。

        これはランドローバーBARにおいても同様で、当チームが及ぼす影響力は、

        レースの垣根を超えて広く波及していくことを前提に、

        2014年に「Exclusive Sustainability Partner 11th Hour Racing」とともにチームを立ち上げて以来、

        運営におけるサステイナビリティ(持続可能性)を重視しています。

        英国ポーツマス中心部に74,000平方フィートもの本部拠点を新設し、

        ランドローバーBARのさまざまな活動を担っています。

        1851 Trust」によるビジター・センターも公開予定です。

        1851 Trust」は、ケンブリッジ公爵妃殿下がロイヤル・パトロンを務めるランドローバーBAR公式の慈善事業です。

        1ポンド=136円にて換算(20161118日現在)

         

         

        | ジャガー・ランドローバー浦和 | NEWS(J・LR) | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        フォーミュラ E 世界選手権 第2戦マラケシ戦
        0

          フォーミュラ E世界選手権

           

          FE.jpg

           

           

           

          第2戦マラケシ ュ・グランプリ

           

          パナソニック・ジャガー・レーシング
          フォーミュラ E 世界選手権 第2戦マラケシ・グランプリ 

          アダム・キャロルが14位、ミッチェ・エバンスが17位でフィニッシュし、2台完走

           

          E.jpg

           

          2016 年 11月 12 日 モロッコ ・ マラケシュ 発

           

          パナソニック・ジャガーレーシングは、 モロッコ・マラケシュのオールドシティも中心地で行われた

          FIAフォーミュラE世界選手権2016/2017シーズン第2戦に出走し、フォーミュラ史上最も長い距離の

          コースという厳しい状況のなか、アダム・キャロムが14位、ミッチ・エバンスが17位でフィニッシュし、

          完走を果たしました。

           

          アフリカ大陸において初開催となったマラケシュ・グランプリは、フォーミュラEではサーキットを舞台に

          するのはわずか2戦のみで、そのうちの1戦となります。戦いの舞台となったのは、ムーレイ・エル・ハッサン・

          サーキットで1周2.97km、12周の最長コースとなります。

           

          決勝レースでは、多くのチームがバッテリー残量を考慮して17週目でピットインする中、チームの優れた

          バッテリー・マネージメントにより、アダム・キャロム(カーナンバー47)とミッチ・エバンス(カーナンバー20)

          はともに18週目にピットインしました。ミッチ・エバンスはアダム・キャロムより先にピットレーンに入りましたが、

          マシンを乗り換えて先に出たのはアダム・キャロムでした。

           

          マケラシュ・グランプリは2人のドライバーにとってチャレンジングなレースとなりました。

          クオリファイ・セッションの結果、20番手スタートとなったアダム・キャロムは着実なバッテリー・マネージメントと

          ピットストップで6つポジションを上げ14位でフィニッシュし、ミッチ・エバンスもロックアップに見舞われながらも

          17位でフィニッシュし、完走を成し遂げました。

           

           

          パナソニック・ジャガー・レーシングチームの

           

          ディレクターであるジェームス・バークレーのコメント:

           

          『非常にタフなレースではありましたが、評価できる点が多くあり、さらに学びもありましたクオリファイ・

          セッションではマシンの能力を100%発揮できませんでしたが、タイム以上の速さがあると確信しています。

           

          ミッチ・エバンスは他チームのマシンに接触されてコースアウトしてしまうという不運なレース展開となりましたが、

          そこからよく立ち直ってレースを展開し、最後まで戦い抜きました。

           

          アダム・キャロムは見事なレース組み立てとペース配分で順位を14位へと押し上げました。

           

          私たちのチームに信頼性における問題はなく、次戦へと目を向けています。また香港グランプリでのデビュー戦を経て、

          チームオペレーション部分でいくつかの改善をしています。

           

          今回『I-TYPE』全4台を完走させることができ、第3戦のブエノスアイレス・グランプリを前に多くのデーターの蓄積

          と検証ができました。ブエノスアイレスでは、チームとマシンにとってベストな結果がだせると期待しています。』

           

          ドライバー、アダム・キャロムのコメント:

           

          『パナソニック・ジャガー・レーシングとして2戦目も完走ができたし、いいタイムもだせたので、今回の結果に

          満足しているよ。クオリファイ・セッションでミスをしてしまい、後方からのスタートとなってしまった。

          ペースをあげるのが大変だったけど、マシンの乗り換えも迅速にでき、レース後半では本当にいい走りができた。

          開幕戦の経験がレースにいかされていて、チームがセッションごとに改善できている。第3戦のブエノスアイレスで

          上位に食い込むために、今回学んだことを実践につなげたいね。』

           

          ドライバー、ミッチ・エバンスのコメント:

           

          『タフな1日だったよ。ロイック・デュバル(ドラゴン・レーシング)との接触によりコースアウトしたことがかなり

          フラストレーションがあったけど、以降はリカバーすることだけに集中した。幸いにもロックアップ後のレース後半に向けて、

          なんとか接触前と同じ順位まで戻すことができた。マシンに損傷がなかったのが本当によかったね。今回のレース内容は

          正直誇れるものではなかったけど、このレースから得たデーターを次戦までの間に分析し、対策を練ることができる。

          2月のブエノスアイレスでの第3戦が待ち遠しいよ。』

          | ジャガー・ランドローバー浦和 | NEWS(J・LR) | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          FACEBOOKもチェック!!
          0


             こんにちは!このところ日中は暖かいですね!
            春が近いのでしょうか?先日東松山市での枝に
            蕾があるのを見つけ、着実に季節は変わり始めているの
            だな〜と実感しました。
            が!昨年の大雪のこともありますので
            油断は禁物です!

            さて、JAGUAR&LANDROVER川越では
            この「ブログ」のほかにFaceBookへの掲載
            も行っております。
            気軽に投稿できる分、更新も多めです。
            メッセージも気軽に投稿できますので大歓迎です。



            ファーストオート川越ブランチFaceBookページはこちら https://www.facebook.com/pages/First-Auto-CoLtd-Kawagoe-branch-%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE/352749011485243#!/pages/First-Auto-CoLtd-Kawagoe-branch-%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE/352749011485243

            | ジャガー・ランドローバー浦和 | NEWS(J・LR) | 12:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            ジャガー新アンバサダーが決まりました!!!
            0
              JUGEMテーマ:JAGUAR ジャガー


              ブランドアンバサダーに錦織圭選手が就任 しました



              ジャガー・ランドローバー・ジャパンは新アンバサダーとして、ついこの前テニスの全米オープンで準優勝したばかりのプロテニスプレイヤー錦織圭選手が就任したことを発表しました。発表会には錦織選手も登場し、本人がジャガー Fタイプ V8 S コンバーチブルのオーナーになることも発表しました!!

              錦織選手はこれまでの流れを変え、好転させる“GAME CHANGER(ゲームチェンジャー)”という肩書きでアンバサダーを担当すそうで、Fタイプに乗ることに加え、ジャガーのWebサイトや広告などにも登場する予定という。
              これから沢山お目にかかれるということですね〜



              お似合いですね〜〜〜〜〜。



              これは落書きではなく、自身とジャガーの目標である「No.1」サインをしています!!


              No,1
              GAME CHANGER
              JAGUAR

              ジャガーと共にNo,1を目指しましょう!!!!

               




               
              | ジャガー・ランドローバー浦和 | NEWS(J・LR) | 13:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              新型ディスカバリースポーツ初公開
              0
                Land Rover Above and Beyond
                NEW DISCOVERY SPORT
                世界屈指の多用途性を実現したコンパクトプレミアムSUVを初公開。

                今週9月3日、ランドローバーの最新モデル「ディスカバリー スポーツ」がワールドデビュー。米国ニューメキシコ州の砂漠にあるヴァージン・ギャラクティック社の宇宙旅行基地「スペースポート・アメリカ」から、全世界に向けてライブで披露されました。

                世界屈指の多用途性を備えたかつてないコンパクトプレミアムSUVが、新しいディスカバリー ファミリーに加わりました。あらゆる場所へ行ける卓越した能力、7人が乗車できる斬新な5+2シート(オプション) などにより、新型ディスカバリー スポーツはクラスをリードする存在です。ランドローバーのアドベンチャー・スピリットを新たな次元へ引き上げ、乗る人のあらゆる冒険に対応します。

                このクルマの公開を記念して、ランドローバーでは「ギャラクティック・ディスカバリー・コンテスト」を開催します。宇宙旅行のパイオニアであるオフィシャル・パートナーのヴァージン・ギャラクティックの協力を得て、究極の冒険ともいうべき宇宙旅行に参加するチャンスをご用意しました。コンテストの詳細や応募方法は、下記の専用サイトにてご確認ください。

                新型ディスカバリー スポーツ、究極の冒険に加わろう。

                このクルマの詳しい情報は、こちらのウェブサイトでご紹介しています。また、下記のリンクから多彩な動画をご覧いただけます。




                ニューメキシコ州の砂漠の奥深くに広がるヴァージン・ギャラクティックの壮大な施設、スペースポート・アメリカで撮影された新型ディスカバリー スポーツの「ロンチフィルム」

                新型ディスカバリー スポーツの公開を記念して、ランドローバーではヴァージン・ギャラクティックとともに、一生に一度の冒険に挑むチャンスをご用意しました。探検家やビジネス界のパイオニアなど英国の著名な4人の面々が、究極の冒険について語っています。


                JUGEMテーマ:LAND ROVER
                | ジャガー・ランドローバー浦和 | NEWS(J・LR) | 15:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                新型レンジローバー・スポーツ世界初公開!
                0
                  JUGEMテーマ:LAND ROVER



                  新型レンジローバー・スポーツが、3月26日(東部夏時間)ニューヨークにて世界初公開となります!
                  ランドローバー・ジャパン・ホームページでは、日本時間3月27日正午(予定)にこのイベントの模様をご覧いただけるサイトが公開されます。

                  ティザームービーをお楽しみください。
                  <新型レンジローバー・スポーツ、ニューヨークに到着・・・>





                  >facebookより

                  3月27日、あしたはこちらからお楽しみくださいませ。


                  http://www.landrover.com/jp/ja/lr/

                  ランドローバージャパン 公式ホームページ

                  | ジャガー・ランドローバー浦和 | NEWS(J・LR) | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  キモチをカタチに・・・・・・
                  0
                    JUGEMテーマ:LAND ROVER
                     
                    ジャガー・ランドローバー・ジャパン
                    日本赤十字社へランドローバー車を提供
                     
                    私たちも何かできないか・・・というキモチをカタチに・・・
                     
                    ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、東日本大震災における日本赤十字社の活動支援として、ランドローバー車両3 台を災害支援車両として提供いたします。
                    提供される車両は主に日本赤十字本社と被災地、および被災地間の連絡業務、人員と物資の輸送などを担い、被災地における日本赤十字社の活動をサポートいたします。

                    6月1日に日本赤十字社で行われた引渡し式では、提供された2台の「ディスカバリー4」と「フリーランダー2」の合計3台を前に、ジャガー・ランドローバー・ジャパンのラッセル・アンダーソン代表取締役社長から日本赤十字社国際部の田坂治部長に直接キーが手渡されました。





                    ランドローバー社では2008年にも英国赤十字社とその世界中の支部に60台の車両を寄贈するなど、赤十字社と深い関係を構築しております。
                    赤十字社に提供されたランドローバー車は世界各国での竜巻や洪水、地震などの自然災害の被災地を含め、危機に瀕した世界中の地域で救援物資の運搬や緊急時の移動などに使われています。特にシエラレオネやレソト、モンゴルなどといった厳しい地形を持つ地域に贈られたランドローバー車は、その特性を活かして赤十字の活動に貢献しています。

                    (写真) 提供車両の前で握手を交わすラッセル社長(右)と田坂部長




                    ーLAND ROVER JAPANー
                    LAND ROVER urawa

                    | ジャガー・ランドローバー浦和 | NEWS(J・LR) | 00:00 | - | - | - | - |
                    ウィリアムズとジャガー共同制作!!
                    0

                      JAGUARとイギリスの名門F1チームウィリアムズがハイブリッドスーパーカーを共同制作!! 

                      こんな記事みつけました。

                      6日、ウイリアムズは、英国の自動車メーカーであるジャガーと共同でハイブリッドスーパーカーを製造すると発表した。


                      ウィリアムズについてはリンクで確認してね
                      ウイリアムズ



                       
                      ウイリアムズが手掛けるのは、2010年のパリ・モーターショーでデビューしたジャガーの最先端モデル「C-X75」で、最高時速が200マイル(322km/h)以上、二酸化炭素排出量を99g/kmまで抑えた最新鋭のハイブリッドスーパースポーツカーだ。両者の手によるこのマシンは、一般の乗用車として認可を受ける予定だという。

                       製造に際してウイリアムズは、エアロダイナミクス、カーボンコンポジット製造、ハイブリッドテクノロジーといった分野において、エンジニアリングの専門知識を提供するとしている。

                      「ウイリアムズは常に自分たちをエンジニアリング集団であると自負してきた。このプロジェクトは、非常に特別なものを造り上げるということにおいて、我々の技術的な専門知識を生かすことができるだろう」と、ウイリアムズを率いるサー・フランクは語っている。


                      ウイリアムズのF1テクノロジーが盛り込まれることになったジャガーの最先端モデル「C-X75」
                      のデビューが楽しみですね

                      | ジャガー・ランドローバー浦和 | NEWS(J・LR) | 00:00 | - | - | - | - |
                      ジャガー XKR、Eタイプ50周年特別仕様車!?
                      0

                        ジャガー XKR、Eタイプ50周年特別仕様車!?



                        ジャガーの伝説的なアイコンである"Jaguar E-Type"が1961年に発表されてから丁度50周年になる今年、ジュネーブショーでは何らかの記念仕様車が発表されるとみられているが、その車輌と思しき"Jaguar XKR"をベースとしたテスト車輌がイギリスの公道で捉えられた。

                        スペックなどは明らかではないが、XKRの少し豪華な仕様となるようだ。
                        5.0L スーパーチャージャー付きV型8気筒は530馬力程度に出力が引き上げられることになる。

                        画象に映る右側のもう一台の車両は、フェイスリフトモデルと言われるテスト車輌だが、詳細については不明である。

                         

                        | ジャガー・ランドローバー浦和 | NEWS(J・LR) | 00:00 | - | - | - | - |
                           1234
                        567891011
                        12131415161718
                        19202122232425
                        2627282930  
                        << April 2020 >>
                        + Information
                                                     ファーストオート株式会社 ******************************************** ********* PREMIER AUTOMOTIVE DEALER ********* logo-abarth.jpg ******************************************** ジャガー・ランドローバー浦和               〒336-0907                       埼玉県さいたま市緑区道祖土3-16-22             TEL:048-829-9988  FAX:048-764-9788        営業時間ショールーム:10:00〜19:00                 サービス工場:10:00〜18:00              毎週月曜定休日(祝日除く・月曜日が祝日の場合は火曜日) ******************************************** ******************************************** ジャガー・ランドローバー浦和                           さいたま市緑区      第二産業道路沿い
                        (クリックで再生できます) ********************************************                                                                               今週末はジャガー・ランドローバー浦和ショールームへ・・・                                    ご来店お待ちしております!! ******************************************** SPECIAL VEHICLE OPERATIONS SVO.jpg ランドローバーのスペシャル・ビークル・オペレーションズ部門は、特殊な塗装を使用したビスポークオーダーや最高級のラグジュアリー・エディション、最高性能を誇るパフォーマンスモデルなど各種のランドローバー特別モデルの開発や製造を行っています。 ****特殊な車両**** ビスポーク・オーダー:SVOテクニカルセンターで、インテリアトリムや本革の見本、カラーサンプルなど幅広い範囲のオプションを用意していますので、ご自身のお車をパーソナライズすることができます。 特別なランドローバー:SVOはビスポークオーダーや最高級のラグジュアリー・エディション、最高性能を誇るパフォーマンスモデルなど、ランドローバーのハイパフォーマンスまた最高級モデルを開発しています。 特殊なペイント:SVOテクニカルセンターの塗装工場で、レンジローバーとレンジローバー スポーツのためにより幅広い範囲のペイントカラーを提供しています。最新塗装技術により、最高級仕上げの塗装を約束します。 ******************************************** 『Range Rover Evoque』          RRE1.jpg                  世界160カ国以上で扱われるRange Rover Evoqueです。レンジローバーイヴォークは高い賞賛を浴びた2008年発表のLRXコンセプトカーを製品化したものであり、そのデザインコンセプトの根幹をなすクロスクーペ・デザインの精神を忠実にとらえています。 またイヴォークはレンジローバーブランドに忠実に、プレミアムカーとしてのクラフトマンシップ、高級感、性能、そして名高いランドローバーの全地形における高い走破性をよりコンパクトなパッケージの中に実現しています。 レンジローバーイヴォークは、レンジローバー史上、最小、最軽量、そして最も燃費の良いクルマで、かつ、紛れもないレンジローバーです。                             ¥5,020,000 〜                              Range Rover Evoque【※詳しくは当店スタッフまで・・・。 】 ******************************************** 【ランドローバーのDC100コンセプト】                                                                   ランドローバーは2011フランクフルトモーターショーでニューディフェンダーコンセプトを発表 60年以上にわたってランドローバーは、能力と汎用性で有名なクルマをつくってきました。象徴的なディフェンダーほど、それが際立っているクルマはほかにないでしょう。 将来に向けて、ランドローバーのデザインディレクターであるジェリー・マクバガンは、ランドローバーデザインチームを率いてディフェンダーの現代的な再解釈を探ると同時に、1948年に同シリーズによって築かれた冒険心のある不屈の精神を取り込んでいます。 ******************************************** 【C-X75 プロジェクト】                                     ジャガーは、世界最速かつCO2の低減を実現する最先端のテクノロジーを用いたスーパーカーC-X75プロジェクトを公表し、未来への着実な一歩を踏み出しました。                                     C-X75プロジェクトついて・・・                                     C-X75プロジェクトの構想は、ジャガー75周年を記念して始動しました。最先端テクノロジーを結集したスーパーカーの製作を最終目標としています。 ******************************************** ROYAL WARRANT 〜王室の紋章〜                                 LRロイヤルワラント.jpg ランドローバーだけに冠された、3つのロイヤルワラント。 1948年、アムステルダム・モーターショーに出品された最初の一台から、ランドローバーには、画期的な4×4システムと、夢とロマンがいっぱいに詰め込まれていました。以来、50年以上にわたり、より豪華で、しかも伝統のタフネスを備えたスタイリッシュな本格派4×4として世界にその名を知らしめるようになり、卓越のオフロード性能だけでなくオンロード性能をも格段に進化させた、キング・オブ・4×4としての地位を不動のものにしたのです。そして、すべてのランドローバーに対して英国王室から賜った御用達許可証(ロイヤルワラント)という栄誉。ランドローバーのクオリティーは、何よりもこの由緒ある3つの王室紋章が物語っています。 ロイヤルワラント、王室の紋章を表示することを許される英国王室御用達の証。現在、王室御用達の指定は女王陛下、エジンバラ公、皇太子の3人に限られていますが、ランドローバーは全てのロイヤルワラントを授かっています。第一号車から絶えることなく冠し続ける、このロイヤルワラントこそ、ランドローバーの比類ない性能と信頼の証明でもあるのです。 ******************************************** JAGUAR ELECTRIFIES シビれるジャガー。 20160908-jaguar.jpg パナソニック・ジャガー・レーシングへようこそ。 再び、サーキットを沸かせるために戻ってきました。 興奮とスリルをお届けするとともに、今後の電気自動車開発の先頭に立つことを目指しています。 「レースから公道へ」がジャガーの伝統。世界各地でレースが行われるフォーミュラEで、チームの力、技術、そして向上心を最大限に高めていけたらと考えています。 FE.jpg                  
                        + PROFILE
                        + CATEGORIES
                        + Jaguar・Land Rover Service
                        【Workshop】 あなたのジャガー・ランドローバーに最高のコンディションを長く維持させるためには、ワークショップによる正しい点検整備が欠かせません。入念な点検とメンテナンス、部品交換をおこなう「定期点検整備」。愛車の信頼性と実力を常に最高に保つ高品位の「車検」。いずれも確かなトレーニングを積んだサービススタッフがクルマの状態を的確に判断し、純正パーツ、純正ケミカルを使用し、専用工具で最良の状態にセッティング致します。ジャガー・ランドローバー・ワークショップならではの安心です。 【JAGUAR PREMIUM CARE】                      ジャガー3年間無料メンテナンスパッケージ ジャガー独自のメンテナンスパッケージ“JAGUAR PREMIUM CARE きめ細かな充実のプログラムが、3 年間にわたり無料で適用されます。 3 年間において、定期点検(1年目・2年目の2 回)、 指定交換部品および一部の消耗部品の交換が無料* ジャガー認定の資格を持つ専任のテクニシャンがお車のコンディションを点検し、指定交換部品、および一部の消耗部品を無料で交換いたします。   *定期点検とは法律で定められた「1 年点検(1 年目と2 年目)」および合わせて実施する「ジャガー・ランドローバー・リミテッドが指定する点検整備」です。(お車の整備記録簿に記載) 指定交換部品とは、ジャガー・ランドローバー・リミテッドが、定期的に整備/交換することを指定している部品等です。                  【LAND ROVER PREMIUM CARE】            ランドローバー3年間無料メンテナンスパッケージ 3 年間において、定期点検(1年目・2年目の2 回)、指定交換部品および一部の消耗部品の交換が無料* ランドローバー認定の資格を持つ専任のテクニシャンがお車のコンディションを点検し、指定交換部品、および一部の消耗部品を無料で交換いたします。 *定期点検とは法律で定められた「1 年点検(1 年目と2 年目)」および合わせて実施する「ジャガー・ランドローバー・リミテッドが指定する点検整備」です。(お車の整備記録簿に記載)指定交換部品とは、ジャガー・ランドローバー・リミテッドが、定期的に整備/交換することを指定している部品等です。                            ※車種により指定交換部品が異なります。詳しくはスタッフまでお問合せください。 *******************************************   - 以下のものは無料対象に含まれません。           - 定期点検の結果必要となった追加整備作業(調整、修理、指定部品以外の消耗部品の交換など<ただし保証修理の場合を除く>)。                          - 車検時の整備点検費用、検査料、下回りスチーム洗浄及び、代行料、印紙代、保険料、税金等。
                        + Service Information
                        埼玉県全域を西・北(川越アプルーブドカーズ店)と東・南(JAGUAR・LANDROVER浦和店)でアフターサービス致しますのでお気軽にご連絡くださいませ。 JAGUAR・LANDROVER車でお困りのお客様は是非お問い合わせください・・・!!                             【JAGUAR・LANDROVER 浦和】                     〒336-0907 埼玉県さいたま市緑区道祖土3-16-22      営業時間: Showroom‐10:00~19:00                          修理受付: Service Factory‐10:00~18:00                     定休日: 月曜日 (月曜祝日は営業しております。) ******************************************** JAGUAR・LANDROVER純正部品・用品・アクセサリー等、全国ご自宅までクロネコヤマトEコレクトにて発送致します。                                  (送料・代金引換手数料が別途かかります。※一部お取り扱い出来ない商品がございます。)                               お気軽にお問い合わせくださいませ。 ******************************************** ジャガー・ランドローバー2017年度版DVDナビゲーションディスク発売 ¥32,400                            ※JAGUAR・X,S,XJ(X350)のナビゲーションディスクは2012年度版が最終となります。 ********************************************
                        + LINKS
                        + PR
                        + SELECTED ENTRIES
                        + RECENT COMMENTS
                        + ARCHIVES
                        + MOBILE
                        qrcode